30代の足のむくみについて

足のむくみについて年代別にみていきましょう!~30代編~ - 30代からのむくみについて

アーカイブ

カレンダー

2016年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

更新情報

30代からのむくみについて

足のむくみに年齢が関係あるのかと思っている人もいるかもしれませんが、やはり若い頃よりは年齢を重ねたほうがどうしてもむくみの症状も悪化してしまうのが特徴です。

むくみの症状が悪化している原因、それは30代だからというわけではなくて、やはり若い頃に比べると新陳代謝が悪化していることに原因があります。
新陳代謝はやはり年齢と共に低下しているので、新陳代謝が悪くなればそれだけむくみもひどくなります。
体の中に入ってきた水分がスッキリ排出されるかどうかも新陳代謝に関係しているからです。
ですから若い頃はむくみもそれほどひどくはなかったという人でも気がついたら年々むくみの症状がひどくなっていて困るということもあるのです。

また運動不足も原因かもしれません。
若い頃運動をしていた人も30代に入ってから急に運動する機会が減ったということがあるのです。
ですから筋力が低下していることがむくみの原因かもしれません。
筋力が低下したことがなぜむくみにつながるのかそれは、血液や水分、リンパ液などを心臓に送り戻すのに必要な機能、それはふくらはぎがになっていてふくらはぎにある筋肉が衰えてしまうときちんと送り戻すことができませんから、体の中に蓄積されてしまって、たまった水分が血液やリンパ感から染み出て皮膚の下にでて、それがむくみにつながっているのです。
ですから運動不足で筋力が低下している人は、ふくらはぎのポンプ機能が正常に働いていないので、働かせるようにしなければいけないでしょう。
そのためには筋力をつけることが重要です。

このように30代に入ってからむくむにはきちんとした理由があるのでそれを知っておくことでむくみを解消させることは可能です。

Copyright(C)201430代の足のむくみについてAll Rights Reserved.